世界の中心で眠いと呟く

脱力社会人のゲームブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告記事全文

コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアー

2010/09/05 00:21

コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアー


あらすじ(公式HPより抜粋)

呪われた学び舎「天神小学校」で起こった、児童四名連続誘拐・殺害事件。
三十年前に封印された骸(むくろ)の祭りが、現代に蘇る!

怪談好きの委員長が見つけてきたおまじない「幸せのサチコさん」。
その正体は、過去の凄惨な殺人事件により廃校となった異空間「天神小学校」へといざなう呪いの儀式であった。

果たして古ぼけた旧校舎に監禁され、生殺与奪の権を握られた生徒たちの運命は・・・・・・?


感想

会話イベントでキャラの立ち絵などは出てきますが、基本は2Dのドット絵です。
そのため、「ドット絵でそんなに怖くないだろ。キャラも可愛らしい感じだし」と購入前は思っていました。

・・・正直甘く見ていましたw

1枚絵は基本死体系。しかも首を吊っていたり、アゴから上が切断されていたりと、かなりスプラッター色の強いものになっております。
ドット絵はドット絵で、腸(?)が飛び散っていたり、赤黒いナニかが散乱していたりと、こちらも相当キツい表現が使われています。
2Dドットでよくこんなえげつないものを再現できたな、と。

ちなみにグロだけではなく、エロもそこそこあります。
というか、このご時世にょぅι゛ょのパンツが全開ってアリなのか?w
また、ドット絵のくせに妙に艶かしいお風呂イベントもあります。全裸です。エロいですw

ここまでやって、よくCERO「D」で通ったな、というのが正直な感想です。

システム面は結構残念な要素が目立ちます。
まずロード時間が長い。
部屋を出てから次の画面に移るのに数秒。
そして、画面が変わってから移動が可能になるのにも数秒かかります。
これが時限イベントや幽霊に追われるイベントの際に、イラッ☆とします。

そして、既読文章のスキップができません。
そのため、一度ゲームオーバー(このゲームではWRONG ENDと呼ばれており、様々な死に方のWRONG ENDを集めるのもやり込み要素のひとつとなっております)になると、既読のイベントを○ボタン連打で進めるハメに・・・
これが長いロード時間も相まって、結構イライラさせられます。

このように、必ずしも快適なプレイができるというわけではないのですが、ホラーゲームとしてはかなり良い出来だと思いました。
夏ももうすぐ終わりですが、秋の夜長にぜひプレイしてみては?

それにしても暑いですねー・・・
秋の涼しさが恋しくなってきました^^;

ホラー表現あり。ご注意を・・・

スポンサーサイト
ゲーム(PSP)記事全文TB:2CM:0

METAL GEAR SOLID PEACE WALKER

2010/05/04 18:57

METAL GEAR SOLID PEACE WALKER


あらすじ(公式HPより抜粋)

世界がまだ西と東に分かれて対立していた時代・・・・
その冷戦直中の、1964年。ひとりの英雄がソ連に亡命した。

英雄は第二次大戦中、連合軍を勝利に導いたとされる特殊部隊の母、「ザ・ボス」。
ところがその際、ソ連に持ち込んだ米国製小型核弾頭が暴発、ソ連の研究施設が消滅してしまう。

これを発端として全面核戦争の危機に直面した米ソ首脳が、世界の終焉を回避する為に下した決断は、この件おける米政府の潔白を証明すること、すなわち伝説的英雄であるザ・ボスを抹殺することだった。

暗殺の任務についたのは、英雄の唯一無二の弟子である「スネーク」。
苦渋の選択を迫られたスネークは、ザ・ボスをソ連内グロズニィグラードで殺害。
米国の潔白は証明され、核戦争の危機は去った。

世界を救ったスネークは、真の英雄として「BIGBOSS」の称号をもって迎えられる。

しかしその授与式典を最後に、スネークは姿を消した・・・・


感想

前作「METAL GEAR SOLID PORTABLE OPS」は未プレイです。
携帯機にしては画質は高めだと思います。
しかし、ムービーが通常の3Dムービーとイラスト調のムービーに分かれることに違和感を感じました。
どうして片方に統一しないのかw

ちなみに過去作と異なり、難易度選択はできません。
しかもこの難易度がかなりヌルめです。
敵兵士は、かなりこちらに近づかないと気づかないほど間抜けです^^;

ちなみに今作はステージがミッション制となっており、ミッションをクリアしたらマザーベース(メインメニュー)へ戻り、次のステージへ・・・という感じになっております。
そのため、多少強引に進んで敵に発見された状態になっても、そのミッションさえクリアしてしまえば次のステージでは安全状態に戻っています。
ちなみに一度クリアしたステージは何度でも再プレイ可能です。

武器やアイテムは現地調達ではなく、マザーベースで開発・改良する仕様になっております。
開発には設計図&お金が必要で、設計図はステージに落ちていたりミッションクリア後に入手できたりします。
お金もミッションをクリアすれば手に入るので、簡単なミッションを何度もプレイすれば勝手に貯まっていきます。

ちなみに気絶させた敵兵はマザーベースへ運ぶことで仲間にすることができます。
この兵士を増やし、マザーベース内の様々な役職に配置することで、マザーベースを拡充させていくことができます。
仲間が増えれば開発できるアイテムが増えたり入手できるお金が増えたりします。

「MGS2」のドックタグ収集ほどのやり込み要素はあまりありませんが、携帯機には適したゲームだと思います。
1ステージクリアに30分もかからないため、ちょっと暇な時に手軽にゲームをプレイされたい方向きなのではないでしょうか。

ゲーム(PSP)記事全文TB:0CM:2

絶対ヒーロー改造計画

2010/03/16 01:45

絶対ヒーロー改造計画(通常版) 絶対ヒーロー改造計画(初回限定版)


あらすじ(公式HPより抜粋)

近所のコンビニに行った帰り道、主人公(名前変更可能)は偶然ひき逃げの現場を目撃する。
あわてて被害者の下に駆け寄ると、瀕死の青年(一文字ピロ彦)から奇妙なベルトを託される。
なんとそのベルトは『絶対勝利マケレンノジャー』の変身ベルトだった!!
ベルトだけでなく、地球の命運まで託されたことを知った主人公は大慌て。
これまで地球を守ってきた青年は、目の前で息を引き取った。
ここで主人公がヒーローにならなければ、地球は悪の手に落ちる。
今世界中の注目を集めている『地球征服をたくらむ悪役VSみんなのヒーロー“絶対勝利マケレンノジャー”』の当事者になってしまったわけだ。
決戦まで、もう時間がない。
成り行きで生まれた初心者ヒーロー、いきなりラストバトルに挑む!!!!


感想

悪と正義の概念が逆転(ディスガイアシリーズ)してたり、このご時世に古き良きドット絵で勝負(クラシックダンジョン)したりと、「なんでもアリな世界観」の作品が売りの日本一ソフトウェアの最新作です。

映像的には「ディスガイア」シリーズに近いものがありますが、「ディスガイア」がシミュレーションRPGなのに対して、この作品は、「シレン」や「不思議のダンジョン」系のいわゆるダンジョンRPGにあたります。
既出の情報ではありますが、このゲームでは、これまでのダンジョンRPGにありがちな「死んだら全て一からやり直し」という要素はありません。
所持アイテムとお金はゼロになりますが、ステータスの基本値が引き継がれるため、初心者の方には優しい作りになっているのではないかと・・・
少なくとも「普通に」物語を進める分にはストレスはほとんどありません。

しかしやはり日本一ソフトウェア。やり込み要素に関しては、一筋縄ではいきませんw

電撃文庫とのコラボで発売前から話題を集めたこの作品ですが、コラボアイテムを全て集めるには、高難易度・深階層のダンジョンに挑まなければならなかったりします^^;
これが結構地獄ですw
まぁこの会社のゲームにありがちな、「クリア後からが本番」ってやつですね。
並のレベルでわっちコスをゲットしようとした自分がアホでしたOTL

可愛らしいキャラクターがちょこまかと動き回るのに反して、ストーリーは結構重たい所があります。
序盤から会社をクビになっただのイジメだのと、現代社会にありがちなヘビーな問題がポンポン出てきます。
基本はギャグ中心に進んでいくのですが、シリアス寄りになりすぎてる感もあったりなかったり・・・
まぁそこらへんはプレイヤーの主観によりますけどね^^;

それから主人公は名前を固定にする代わりに、もっと喋らせて欲しかったです。
「メガテン」や「ライドウ」シリーズが如き無口っぷり。
汗マークか「・・・」マークのふき出し以外で物語に絡むことがほとんどありません。
まぁそのため主人公のヘタレ度が5割増くらいしているように感じるので、ゲーム的にはアリなのでしょうかw

まぁ何にせよ、ヒロインのエトランゼが可愛すぎる!!
ドSで可愛い。Sカワイイですよ、Sカワ!!!
これはエトナ様を超えてしまったかもしれない・・・
クリア後にエトランゼコスを入手できるという噂を聞いたので、ひとまずそれを目指して頑張ります!!

ちなみにフリーズバグが多いようです。
自分はまだ発動しておりません。
一応ご購入前に確認を・・・

それから読み込み多め・ロード時間長めです。
ロード時間にイライラされやすい方は、少しでも時間が短縮されるDL版をオススメします。

ゲーム(PSP)記事全文TB:0CM:0

未来日記 -13人目の日記所有者-

2010/02/15 01:11

未来日記 -13人目の日記所有者-


原作のあらすじ(公式HPより抜粋)

天野雪輝は日記が趣味の中学生。
ある朝彼は、未来の自分の日記が携帯電話に打ち込まれているのを見つける。
だが読み進めた彼が目にしたのは、自らの「死」の記述。
彼は知らぬ間に、未来の日記をめぐるサバイバル・ゲームに巻き込まれていたのだ。
敵か味方か、雪輝を狙うストーカー少女・由乃を交え、未来予知能力者12人による生き残りを賭けた戦いが始まった。



ゲームのあらすじ(公式HPより抜粋)

すべての時と空間を管理する神・【デウス・エクス・マキナ】の力によって、今まで敗れ去ってきた未来日記の所有者たちが現代に蘇った!
更に、新たなる13番目の日記所有者も生き残りを掛けたサバイバルゲームに参戦!
それぞれの思惑は一層の激しさを増し、熾烈な戦いは終わることなく繰り広げられていく。
雪輝は再び“奇跡”を起こせるのか、そして由乃は“HAPPY END”を迎えることができるのか!?


原作を全く知らない方には上のあらすじですらイミフだと思います。本当に済みません^^;



ストーリー

ゲームの物語は、時間軸的には原作コミックの5巻と6巻の間の話となっております(多分)
またコミックは現在9巻まで発売されているわけですが、6巻以降に正体が明らかになる未来日記所有者が普通に登場するため、ネタバレ的な意味で先に原作を読んでおくことをオススメします。
ちなみに自分は原作既読です。


内容は結構面白かったです。
ですが、こじ付け感は否めませんでした。
5巻と6巻の間に無理矢理話をねじ込んでいるような感じです。
また前述したように、後の巻で初登場となるはずのキャラクターと主人公が戦うこととなります。
ではこの話と6巻をどう繋げるのか・・・
夢オチほど酷くはありませんが、「あぁ、やっぱりこうするしかないわな^^;」と予測可能な終わり方になっていたのが少し残念でした。


何にせよ、このゲームをプレイされる場合は原作を一読しておくべきだと思います。
原作は個人的にはすごくオススメです。





システム

章仕立ての造りとなっているためテンポがよく、良い意味で止め時が見つけやすくなっております。
また物語を進めるごとに、他のキャラクターの「一方その頃」的な話がおまけに追加されるのも良かったと思います。
まぁAVGにはありがちなことなんですけどねw


欠点を上げるとすれば、中断セーブは可能なのに、複数セーブが不可能なことでしょうか。
好きな地点からのやり直しが不可能なため、BADENDになった際に既読の文章を読むという二度手間が発生してしまいます。
一応ストーリー上の特定のポイントでオートセーブされ、その点からであれば再開可能なのですが・・・
やはり通常セーブは欲しかったですね。


システム面で独特(?)だったのは、「YDO(ヤンデレオペレーション)システム」というものです。
これは、ゲーム内に登場する選択肢の中で、由乃(ヤンデレヒロイン)の好感度を上げるものを選びすぎると、感極まった彼女に拘束されてしまい、主人公の選べる選択肢が制限されてしまうというものです。
挑戦的なシステムだとは思ったのですが、ゲーム内で選択肢が特別頻発するというわけでもないため、プレイ中は空気化してましたw


ロード時間は結構短め。
ちなみにボイスはありません。


原作既存のいわゆるキャラゲーやお祭りゲーにしては、ゲームとしての完成度は結構高かったように思えます。
どうしてオリジナルストーリーにしたのかなぁ・・・
どうせなら1~9巻の物語にオリジナルのエンディングをくっ付けた方が、初見のユーザーにも受け入れられやすいはずなのに・・・
まぁ素人が口出しすべきことでもないんですけどねw
純粋にAVGとして面白かっただけに、内容が微妙だったのが悔やまれます。



ゲーム(PSP)記事全文TB:0CM:0

GOD EATER(ゴッドイーター)

2010/02/12 20:41

GOD EATER(ゴッドイーター)


あらすじ(Wikipediaより抜粋)

近い未来。
地球はあらゆるものを捕喰する細胞「オラクル細胞」から形成される異形の怪物「アラガミ」によって荒廃していた。
人類の対抗手段は、生化学企業「フェンリル」によって開発された武器「神機」とそれを操る「ゴッドイーター」だけだった。


新型神機の適合者となった主人公は、ゴッドイーターの拠点「フェンリル極東支部」で様々な仲間と出会い、共に闘っていくうちに、巨大な陰謀へと巻き込まれていくのだった。





ストーリー

思いの外ストーリーがしっかりしていました。
ですが、仲間の過去やトラウマ、成長に焦点が当てられているため、主人公が完全に空気ですw
まぁ主人公の性別や容姿を自由に決められる時点で覚悟していたことなんですけどね^^;
その割に、イベントなどで主人公の表情が目まぐるしく変化するのには驚きでした。(主人公はしゃべりませんけどねw)





システム

「モンハン」シリーズ的ないわゆる「狩りゲー」なわけですが、細かな違いが多々あります。
武器の種類は少ないですが、戦闘中に遠距離・近距離用の装備をボタンひとつで変えられる点は個人的に○
またNPCを仲間として連れて行くことができるため、シングルプレイにはこちらの方が向いていると思います。


このゲームで最も特徴的なのは仲間がいる限り何回でも死ねるというシステムです。
自分のHPが0になった時、30秒以内に仲間の救済を受けると、HPの何割か(スキルなどで変動します)を分け与えてもらう形で復活することができます。
30秒を過ぎても2回までは自分のみHP全快でスタート地点から復帰することができます。


なぜこのようなぬるいシステムがあるのか。
そう、このゲーム・・・死ぬことが前提の難易度なのです。
敵が異常に強すぎるOTL
しかも自分が倒されるとモンスターは傍に居座ってしまい、仲間の救助を受けるのも一苦労・・・
モンスター1体のみが相手ならまだ何とかなるのですが、中型以上のモンスター2体との戦闘になると、難易度が格段に上がります。
マップには狭い通路が結構あるため、大きなモンスター複数に一斉に来られると身動きがとれず、回避不能のフルボッコ状態に追い込まれますor2
どうしてあんな入り組んだマップにしたんだろう・・・
モンハンはまだマップが広大で、いくらかやりようがあったのに・・・
というか、根本的に敵の攻撃力が高すぎます。
HPMAXなのに、初手でいきなり3分の2くらい削られることもありますw




まぁ何にせよ、かなりのドSゲーですw
アクション要素が多いため「モンハン」のスタイリッシュ版と思っていましたが、爽快感の点では圧倒的に「モンハン」シリーズの方が上です。
実際このゲームはミッションをクリアしても、疲労感しか残りませんw
「メガテン」シリーズHARD以上の難易度に快感を覚えるドMの方ならオススメできるかもしれませんが・・・w
ちなみに自分は「メガテン3」HARDには快感を覚えましたが、このゲームは無理でしたor2
やり込む気力も湧きませんw
ストーリーモードをクリアしたら即刻売ろうと思います。




このくらい簡単に無双できたら問題ないんですけどねw(微グロ注意)



個人的に感想部分も枠で区切った方が見やすいと思ったので、あらすじ以外にも枠を付けることにしました。
もし「むしろ見難くなった」と思われた方がいらっしゃれば、コメントにてご報告いただければ、対応したいと思います。
ゲーム(PSP)記事全文TB:0CM:0

プロフィール

脱力マン

Author:脱力マン
いらっしゃいませ!
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクももちろん大歓迎です^^

レビュー予定

メモリーズオフ ゆびきりの記憶 零の軌跡 祝福のカンパネラ Portable L@VE ONCE けいおん! 放課後ライブ!! 大神伝 ~小さき太陽~ Red Dead Redemption ロード オブ アルカナ NO MORE HEROES 2 DESPERATE STRUGGLE ゴッドイーター バースト(音量注意) ラジアントヒストリア テイルズ オブ グレイセス エフ シャイニング・ハーツ キャサリン

リンク

このブログをリンクに追加する

実況プレイ動画(ニコニコ動画)

カテゴリー

Copyright(C) 2006 世界の中心で眠いと呟く All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。