世界の中心で眠いと呟く

脱力社会人のゲームブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告記事全文

Red Seeds Profile -レッド シーズ プロファイル-

2010/03/11 18:47

Red Seeds Profile -レッド シーズ プロファイル-(Xbox) Red Seeds Profile -レッド シーズ プロファイル-(PS3)


あらすじ(公式HPより抜粋)

200×年、7月―
アメリカ北部、美しい自然に囲まれた田舎町「グリーンベイル」
平和な日常に包まれる小さな町で、ある猟奇的な事件が発生する。

雨の降る静かな夜、町はずれの森で無残な少女の死体が発見された。
被害者の名はアンナ・グレアム。
地元の感謝祭を数日後に控えた、その年のミス・グリーンベイルであった。

突然の惨劇に驚きを隠せない住人達・・・
すると、その中の一人が口を開いた。

『雨の殺人鬼』伝説

一瞬にして、場が凍りついた。
そう、この町には封印された「黒い過去」が取り憑いていた。

―数日後
グリーンベイル保安官事務所に見慣れない男が一人。
怪訝そうに様子を伺う保安官に対して、彼は言った・・・
「全ての犯罪に『理由』がある限り、完全犯罪など存在しない。それを私が証明しよう。」
彼の名はフランシス・ヨーク・モーガン。
事件解決のため、この地を訪れたFBI特別捜査官、その人であった。


感想

日本に先んじて海外で発売されていたらしいこの作品。
早速クソゲーオブザイヤーにノミネートされていたのを見て購入しましたw
奇作・珍作にまで手を出してこそのゲーマーですからね!
バグゲーは論外ですが・・・


あらすじだけ見るとサスペンスものに聞こえますが、どちらかと言うとサバイバルホラーって感じですね。バイオとかサイレンみたいな。

このゲームでは、主人公は日常の表世界と非日常の裏世界を行き来し、道中に現れる怪物を倒しながら謎を解いていきます。
これ何てサイレントヒルw

表世界(屋外)と裏世界(屋内)とではカメラワークが異なっており、表世界(屋外)は普通の3人称視点、裏世界(屋内)では主人公の背後からの視点になっております。
そう、裏世界(屋内)の視点はまさにバイオ5。

まぁゲーム業界でパクリとか言っても詮無いことなんですけどねw
簡単に言ってしまえばサイレントヒルの世界観とバイオ5のシステムを足して割った感じのゲームです。


画質は中の下。
(そういえばそんなタイトルのラノベが出てましたねw)
正直PS2でも再現可能な画質です。
冒頭のムービーからすでに画質の粗さが目立ってます。

また、プレイしていて気持ち悪くなるゲームです。
何が気持ち悪いって、登場人物が気持ち悪いんですよ。
2重人格で頭の中のもう一人の自分と会話をする主人公を筆頭に、笑いながらイミフなことを語りかけてくる双子や常にガスマスクを付けている男など、マトモな主要人物が少なすぎます。

戦闘は難易度にもよりますが、ほとんど決まったパターンのヌルゲーです。
今のところ敵の種類もほとんど全て同じです。
あえて挙げるなら、性別の違いと武器の有無くらいでしょうか・・・


バグは今のところ見受けられませんが、プレイしているとゲームの端々からクソゲーと呼ばれる所以を感じることができ、中々やり応えがあると感じました。
さっさとクリアして売ろうと思いますw


この動画には暴力シーンやグロテスクな表現が含まれております。

03月16日追記
フリーズバグが多発します・・・
スポンサーサイト
ゲーム(Xbox360)記事全文TB:0CM:6

End of Eternity(エンド オブ エタニティ)

2010/02/04 14:55

最近更新頻度が悲惨なのは、レビューするのがだんだんめんどくs・・・いやいや何でもありませんよw
というか最近PCが異常に重い・・・
そろそろ買い替え時ですかね・・・今年の4月から社会人OTLですし、頃合的には丁度良いかも。


End of Eternity(エンド オブ エタニティ)
End of Eternity(エンド オブ エタニティ)
パッケージはPS3版のものですが、自分が購入したのはXBOX版ですw




あらすじ(公式HPより抜粋)

遠い未来の地球。
その理由は定かではないが、あらゆるネガティブな要素が飽和し、世界は壊滅の危機にあった。
毒された大気は地上に沈殿し、捻じ曲がった地軸は地上から時間の概念を奪っていった。
生態系は狂い、人類はその環境変化に対応できずに滅びつつあった。


残された人々は環境を正常化する為に巨大な装置『バーゼル』を地球に埋め込んだ。
バーゼルが目指す正常化には生物の在り方までもが含まれていた。
生死のローテーションを機械にゆだねるところまで、人類は種として疲弊しきっていた。


人々は、バーゼル周辺に群がり、暮らしだす。
やがてはその内部に入り込み、住居を構え、街をつくった。
しかし、その事により、バーゼルは徐々に蝕まれその機能を低下していった。
人々は何者かが作った小さな世界に引きこもり、太古の過ちを繰り返していた・・・






ストーリー

壮大なあらすじにもかかわらず、序盤は主人公3人の日常にスポットが当てられており、ストーリーと言うほどの内容はありません。
完全にお使いゲーですw
最初から特に何の説明も無くミッションが始まるので、ストーリー重視の方はイラッ☆とするかもしれませんw






システム

戦闘システムは体験版の時と同じです。
戦闘マップ内の目的地を決定し、そこへの移動中に攻撃→到着したら次のキャラ・・・という感じです。
体験版は主人公側が圧倒的に強かったので正直微妙でしたが、実際にプレイすると結構頭を使わなければならず、なかなか楽しめました。
移動しながらの攻撃は、敵の攻撃が当たらない代わりに回数が限られており、上限を超えるとDANGER状態となり大ダメージを受けるようになってしまいます。
この回数は、敵を倒すなどの一定の行動を行うと回復するため、うまく立ち回りながら戦闘を運ばなければなりません。
またこちらの攻撃後、敵の行動値がMAXになっていると、反撃を受けます。
この行動値は連続攻撃で敵を浮かせたりすることで0に戻すことができます。
そのため同じ敵を攻撃して一体をすぐに倒すか、複数を攻撃して反撃を防ぐか考えながら行動しなければなりません。


このように、思っていたよりも戦闘システムが練られており、個人的には満足できるものでした。


なお戦闘は基本的にはランダムエンカウントですが、ダンジョンなどでは各部屋に配置された敵と戦闘を行いながら進みます。


ワールドマップは最初は封鎖されており、敵との戦闘で入手できる様々な形のブロックを使って道を開拓していきます。


このように斬新(?)なシステムが使われている反面、ややこしすぎるのもまた事実で、説明書やチュートリアルを読むのが苦手な方には少し敷居が高いかもしれません。


それにしてもこのゲーム、どうして武器があんなに高いんだ!
服も結構値が張るものが多いため、あまり着せ替えを楽しめてませんOTL
しかしコートを2着我慢すれば銃を買えるなんて、すごい金銭感覚の世界ですねw
服はワールドマップで拾えるものがあるため、基本的にそれで楽しんでますw






おまけ
プレイ中最高に笑ったわか☆もとのイベント
なんじゃこりゃぁ

なんじゃこりゃぁ
ゲーム(Xbox360)記事全文TB:0CM:0

サクサク○っちゃうよぉ~♪ 「アサシンクリードⅡ」

2009/12/03 22:25

百合♂さんの実況で見た前作が面白そうだったので、今日発売の「Ⅱ」を購入してきました^^
一応前作のストーリーは把握してます。
アサシン クリード II


あらすじ(Wikipediaより抜粋)

デズモンド・マイルズ(前作現代編の主人公)は再びアニムスを使って先祖の記憶を探ることになる。
時は15世紀、舞台はイタリア。
第三回十字軍からおよそ三百年後、世界は大きく変わろうとしていた。歴史家はその時代をこう呼ぶ。「ルネサンス」と。
そんな時代の中、今回の主人公となるエツィオ・アウディトーレ・ダ・フィレンツェがいた。
彼はアサシン・アルタイル(前作過去編の主人公)の子孫、そしてデズモンドの先祖でもある。
富裕な貴族の一員であったが、信じていた人々に裏切られ、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ニッコロ・マキャヴェッリやロレンツォ・デ・メディチの力を借り、復讐を目標にヴェネツィアなど、イタリアのあらゆる場所へ旅立つ。
しかし、彼をまちうけていたのはその願望よりとてつもなく大きいものであった。




ストーリー
冒頭から、ある意味前作同様の初見殺しでしたw
おそらく何も知らずにこのゲームを購入された方は「えっ、これアサシンクリー・・・えっ( ゚д゚) 」となると思います^^;
あらすじにある通り、このゲームには現代編と過去編があるのですが、現代編についてはパッケージ等に一切記載されていないのです。
にも関わらず、冒頭でいきなり現代の服を着た兄ちゃんを操作しなければならないわけですから、「えっ」ともなるでしょうw


内容は、思いの外前作とリンクしている部分が多々ありました。
特に現代編については、前作未プレイだと結構キツいかもしれません。




システム
先に述べたように、実況で前作を見ていたので、実際にプレイするのは今作が初です。
建物を登ったり、こっそり敵に近づいて暗殺するなどのアサシンプレイが結構手軽にできるので、操作に慣れればかなり楽しめます。
若干ロード時間が長いのと、暗殺よりお使いメインな面が多々ある点を除けば、充分良ゲーだと思いました^^




この他にも色々買いましたが、それはまた次の機会に・・・
つか12月買う物が多すぎて死にそうデス(´・ω・`)
ゲーム(Xbox360)記事全文TB:0CM:0

ゲーム史上最高に主人公がイタい 「Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)」

2009/11/08 18:57

「Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)」
Steins;Gate(数量限定版) Steins;Gate(通常版)


ストーリー
「想定科学ADV」と銘打たれているだけあって、科学的な専門用語がかなり出てきます。
かつて理科系科目を嫌って文系に進んだ自分からすれば、単語が出てくるだけで軽い拷問なわけで・・・w
まぁ、単語がイミフでも物語を読み進めるのには不都合ありませんし、解説を付けてくれるという親切設計^^


ちなみに2ちゃん用語も結構連発されます。


それにしても、主人公の性格が酷すぎる件w
厨二病から抜け出せない青年という設定なのですが、これ厨二病ってレベルじゃねーぞww
向こうに相手がいないのにも拘らず、携帯電話で機関の陰謀がどうのこうのと独り言を言うとか、主人公補正が無かったら完全にアッチの世界の方ですよ^^;
前作「CHAOS;HEAD」の主人公も大概でしたが、今回のは一層酷い感じですw


そんなカオスな主人公のことはさておき、ストーリーはかなりの良作だと思います。
いくら読み進めても先の展開が全く読めず、長時間プレイするのが全く苦になりませんでした。
すごく語りたいのですが、ネタバレ回避のため内容についてはここまでで語るのをやめておきます^^;




システム
ひたすら文字を読み進めるAVGにしては、少し文字が小さいかな・・・
結構目がシバシバしましたw
他にはこれといって気になる点はありませんでした。




自分的評価
ストーリー
★★★★☆
システム
★★★☆☆
ゲーム(Xbox360)記事全文TB:0CM:0

スクエニGJ (´∀)b!

2009/03/13 16:58

今週発売のファミ通に、「ゲームのうんちく88連発」という記事がありました。
その名の通り、ゲームの製作秘話やトリビアなどが掲載されているのですが、その中に聞き捨てならないものがありました。


スターオーシャン4に登場するミュリア御姉様のスカートが消える・・・だと?


当然バグなのですが、製作陣が歓喜のあまり残しておいたそうですw


「3」の初回生産分のバグは正直いただけませんでしたが、これならアリでしょう。
いや、むしろ残せw
むしろ作れww


そして、最終的にはそのCG技術を駆使してエロg・・・∵(´ε(○=(・∀・*)


ゲーム(Xbox360)記事全文TB:0CM:1

プロフィール

脱力マン

Author:脱力マン
いらっしゃいませ!
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクももちろん大歓迎です^^

レビュー予定

メモリーズオフ ゆびきりの記憶 零の軌跡 祝福のカンパネラ Portable L@VE ONCE けいおん! 放課後ライブ!! 大神伝 ~小さき太陽~ Red Dead Redemption ロード オブ アルカナ NO MORE HEROES 2 DESPERATE STRUGGLE ゴッドイーター バースト(音量注意) ラジアントヒストリア テイルズ オブ グレイセス エフ シャイニング・ハーツ キャサリン

リンク

このブログをリンクに追加する

実況プレイ動画(ニコニコ動画)

カテゴリー

Copyright(C) 2006 世界の中心で眠いと呟く All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。