世界の中心で眠いと呟く

脱力社会人のゲームブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告記事全文

ウォンテッド&アイアンマン

2008/10/11 14:06

暇が出来たので、まとめて昨日見てきましたw
注:今回かなり貶してます。ウザい方はスルー推奨で・・・

ウォンテッド
自分がこれまで映画館まで足を運んで見た映画の中で、五本の指に入る駄作でしたOr2
アクション映画は映像を楽しめたらストーリーは二の次でも良いよ、というタイプの自分をここまで言わしめたのは何かというと・・・

①主人公がウザすぎて、感情移入できないどころの騒ぎじゃないOTL
平凡な主人公が暗殺者になろうとする動機が不純すぎるんですよ。負け犬の人生から脱却したいからとか・・・
では人殺しになれれば勝ち組なのかと・・・
しかも人の言うことを安直に信じすぎなのですよ、この男はw
どういうことなのかはネタバレがからむので、ここでは伏せておきます。
気になる方は、一番下の追記からご覧下さい。

②映像がキモいOTL
多分この点は好き嫌いが分かれると思いますが、自分は嫌いです。
スタイリッシュさを目指そうとして、逆にグロくなってる感じです。
物語冒頭、男が後ろから頭を撃たれるシーンが男の正面から&スローモーションで大画面に映し出された時は、「この映画・・・失敗した」と思いました・・・

はい、この2点のせいで、終盤には完全に死んでましたw
ゲーム的展開もあからさますぎて、カプコンの方が3倍素晴らしい作品を作れると思いましたとさw

自分的評価
★☆☆☆☆



アイアンマン
先に見たウォンテッドのせいで、ぐったりしながら見てましたw
まだこっちの方が面白いかも・・・
ただし、特筆して「ここが面白い!」という事も特にありません、サーセンw

自分的評価
★★☆☆☆

上述した「ウォンテッド」ネタバレ



主人公が馬鹿正直に何を信じたのかというと・・・
主人公の父親は、組織(名前忘れたw)で世界の均衡を保つために暗殺者をしていたが、裏切り者に殺された。

主人公、信じる。

主人公、何故か見ず知らずの父親に心酔。復讐を誓う。

暗殺の対象は、自動はたおり機(笑)が教えてくれる。

暗殺の対象を機械が導き出すことに一瞬疑問を感じるが、どうでもいいやと丸投げ。
ホイホイ楽しんで暗殺してパワーアップ。

見事裏切り者を倒すが、その裏切り者こそが本当の父親であった。
死ぬ間際、本当の裏切り者は組織のトップ(モーガン・フリーマン)であることを教える。
彼は自動はたおり機(笑)が次の暗殺の対象として自分の名前を示したことに恐れ、改竄したのであった。
父親(真)はそれを知り、組織の規律に則ってトップを殺そうとするが、逆に裏切り者として追われるハメに・・・

主人公、信じる。

主人公、本当の父親に心酔。復讐を誓う。
(あれ、デジャヴ?)

主人公単純にもほどがある。
よろず記事全文TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aa60314.blog17.fc2.com/tb.php/196-ea2b8eb4

プロフィール

脱力マン

Author:脱力マン
いらっしゃいませ!
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクももちろん大歓迎です^^

レビュー予定

メモリーズオフ ゆびきりの記憶 零の軌跡 祝福のカンパネラ Portable L@VE ONCE けいおん! 放課後ライブ!! 大神伝 ~小さき太陽~ Red Dead Redemption ロード オブ アルカナ NO MORE HEROES 2 DESPERATE STRUGGLE ゴッドイーター バースト(音量注意) ラジアントヒストリア テイルズ オブ グレイセス エフ シャイニング・ハーツ キャサリン

リンク

このブログをリンクに追加する

実況プレイ動画(ニコニコ動画)

カテゴリー

Copyright(C) 2006 世界の中心で眠いと呟く All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。